スポンサーサイト

  • 2017.02.17 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    マーサ、あるいはマーシー・メイ

    • 2013.02.26 Tuesday
    • 22:54
    昨日鑑賞し、夜眠る時になんだか怖くなった。音が気になった。それもこれも、この作品のせい!

    マーサが、朝起きて姉に「昨日屋根に何かぶつからなかった?」と聞く。「何も」と姉は答える。なんでだろう…その答えが後半分かる。ひぇ〜、怖い!

    マーサがマーシー・メイとして、教師でリーダーとして過ごした日々。
    マーサの記憶として教団での日々が描かれるが、あの教団、特に教えというか、確固たる思想みたいのはあったんだろうか?
    リーダーが「死は最も美しい」とか言ってたけど、あれは動揺するマーサを落ち着かせるための言葉だと思う…。
    マーサには、宗教の思想より集団で生活すること、役割を見つけることが大切だったんだろうな。

    そして!ラスト!「あれは…。え?…え?」「終わった!」あれからマーサはどうなるの?!マーシー・メイに戻ってしまうの?!どちらにせよ、彼女の幸せを祈る。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM