スポンサーサイト

  • 2017.02.17 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲

    • 2015.11.29 Sunday
    • 00:19
    『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲』

    250匹の犬が街を疾走する。
    そこには恐怖や嫌悪はなく、ただただ「ごめんなさい」の気持ちだけでした。
    いつか、必ず彼らから復讐される時がくるだろう。その時私は、大人しく殺されようと思いました。

    リリがトランペットを吹き、一匹一匹が伏せる時の顔。ハーゲンだけでなく、ここにいる全ての犬が人間の手により辛い目にあわされた。みんな。そんな彼らの瞳!

    リリは、吹奏楽団にハーゲンを連れて行き先生に怒られた時の帰り道で、父親に「(ハーゲンを)捨てるか」って言われて「そうだね」って言っちゃうんだよね。怒られて気持ちが荒れてたし、もちろん父親が本気でそうするとは思わなかっただろうけど。
    でも、一度でも「捨てていい」と言ってしまった。全ては、その言葉への「ごめんなさい」の気持ちで動いたんじゃないかなと思う。(もちろんハーゲンへの愛も)
    リリの初恋の男の子も、リリをクラブに放置したことへの「ごめんなさい」の気持ちがあったから、最後に自転車のカギを渡したのかな。
    またこの男の子も良くてさ、怒られてる時にピアノ弾いたり。

    私も、犬を飼っていました。 
    小、中、高校、大学と、長生きしてくれた、可愛い犬です。
    私はというと、子犬の時は抱っこして可愛がっていたけれど、だんだん自分の、学校やら色々なことに夢中になり。家族に世話を任せたり。
    でも、あの子にとっての世界は、うちの家族しかなかったのにね。伏せる犬たちの瞳を見ながら、思い出して、心の中の「ごめんなさい」が次々と溢れてきました。

    映画から現実へ。私に出来ることを。
    本当にありがとう。

    スポンサーサイト

    • 2017.02.17 Friday
    • 00:19
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << July 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM