スポンサーサイト

  • 2017.02.17 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    鑑定士と顔のない依頼人

    • 2014.03.06 Thursday
    • 18:41
    (ネタバレあります!)

    心が痛い…。ピンクのバラの花束を抱えるヴァージル…。携帯持たない主義なのに持って振り回されるヴァージル…。洋服や化粧品や宝石を見る時のヴァージル…。クレアを探してオークションで恥をかくヴァージル…(あの肩の草!)。

    ビリーよ!貴方の心を教えてよ!画家の夢とかぬかすなよ!

    も〜…………。

    私は「世界で一番幸せ!」な「世界が我らのものだったとき(キートン自伝より)」な瞬間のある映画が大好きで、これもそうだとは思うんだけど…でも…。
    偽物の中にも本物がある、だけど…とは言っても…。

    唯一の望みはクレアが「結末はハッピーエンドに書き換えた」って言ってたこと。
    本当に…それだけを頼りに。

    こんなに辛いのは、気持ちをヴァージルに入れすぎたからか。だって、このまま生きていったら私、ヴァージルのようになるんじゃないかって漠然と思ったのだ。
    もちろん、私から盗む財など無いし…それにヴァージルは才能はあるだろうが、ものすごく努力をしてあの鑑定眼を得たわけで。(ビリーも努力しただろう。じゃあ才能の問題か?だったら良いのか?)

    その前に…私には騙そうという人物もなく、近寄る人もなく、一人で…、と思ったらまた悲しくなった。

    スポンサーサイト

    • 2017.02.17 Friday
    • 18:41
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << May 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM